田舎大学生の世迷い言

くだらない事しか書きません。それでも見てくれる方が大好きです。

モンバス2018 1日目感想!

皆さん、おはこんばんちはー!

そしてはじめまして、田舎大学生といいます。

 

早速ですが、8/18日に開催されたモンバス1日目の感想を書いて行きたいと思います!なお、僕はフェスに出るバンドの名前は知っていても曲は数曲知っている程度のにわかファンなので、各バンドのセトリなどは書けませんが、ご了承ください。

 

見た順番

Amelie

five new old

My Hair is Bad

ROTTENGRAFFTY

キュウソネコカミ

Hump Back

10-FEET

マキシマムザホルモン

という感じです!初日トリのマンウィズは宿が取れていなかった都合上、早めに切り上げて宿を確保することを優先したため見ることができませんでした:;

 

思い出に残ったのは…

まずはfive new oldですね。オープニングアクトとしての登場で時間は短かったのですが、圧巻のパフォーマンスでした。かなり引き込まれました。僕はほとんど全く曲を知らなかったのですが、かなり好きでした。ボーカルの歌唱力が凄かったですね。

 

お次はキュウソネコカミです。なんとなくの知識で流行った頃の曲ばかりやっているのかと偏見を持っていたのですが、全くそんなことはなく、最近の曲でしっかり盛り上げていましたし、お客さんのノリもめちゃくちゃ良かったです。もみくちゃになりました。笑

 

次に10-FEETです。世代が少し違うので代表曲数曲を知っている程度でしたが、曲はエモいし、MCは面白いしで笑って泣ける30分間でした。一気に好きになりました。

 

最後にやっぱりホルモンですね。おそらく1日目で一番人を集めていましたし、会場にいる人たちの団結をめちゃくちゃ感じて心地よかったです。もみくちゃになりました。笑

 

2日目も楽しみです!また明日書こうと思います。

 

それではまた明日お会いしましょう、さようなら👋

 

 

 

私のふるさと(今週のお題)

皆さん、おはこんばんちはー!

そしてはじめまして、田舎大学生といいます。

 

昨日は地味に忙しくブログ書けませんでした…

す゛み゛ま゛せ゛ん゛て゛し゛た゛ぁ゛!

 

テーマ「私のふるさと」ということなのですが、ふるさともクソも物心ついてからずっと同じところにいるのであんまり「ふるさと」というものがないんですよね。

 

それでも僕が住んでいるあたりについて書いてみます(結局)。

田舎大学生と名乗ってはいますが、めちゃめちゃ田舎ってわけでもないんですよね。まあバスが30分に一本しか来ないのは当然のことで、地下通路等も全く発達しておらず、移動には車必須とはいかないまでも、自転車は必須な感じです。

 

ここまで読んで「じゅうぶん田舎じゃん!!」と思われたシティーボーイの皆様には理解してもらえないかもしれませんが、これはこれで住みやすいんですよね。住めば都、というようにどんな場所にも一長一短良いところと悪いところがある、と私はそう申し上げたいわけです(高校時代は県外に出たいと思っていたことは内緒です)。

 

難点を挙げるならば、デートに行ける場所が中学生から大学生までイオンしかない、という点でしょうか。本当に遊べるところがイオンか、もしくはカラオケしかない!こんな場所で愛を育むのは不可能ですね。そりゃカップルがバタバタ別れるわけです。え?僕ですか?中学から今まで一度も誰とも付き合ったことはないモゴモゴ…

 

現在まで継続中の残酷な世の真理を垣間見た(僕自身がモテないだけですが…)ところで今日はこれ以上傷がえぐられないうちに終わりです!

 

それではまた明日お会いしましょう、さようなら👋

久しぶりにKEATALKにハマりそう

皆さん、おはこんばんちはー!

そしてはじめまして、田舎大学生といいます。

 

いよいよモンバスが近づいてきましたね!初めてのフェス参戦になるので少し緊張しています(笑)。

 

モンバスで見たいアーティストをピックアップしたところで、今は予習の段階に入っているわけなんですが、その関係でKEATALKを久々に聴いています。

あれ?こんな良かったっけ?

と思ってます(どこから目線なんだ?笑)。

 

やっぱりKEATALKといえばMONSTER DANCEですよね。僕ら世代だとめちゃめちゃ流行りましたし、盛り上がる曲としてカラオケの鉄板です。ですが、KEATALKに賛否両論吹き荒れはじめたのもMONSTER DANCE以降なんですよね。どういうことかといいますと、MONSTER DANCEの大ヒットから、ノリノリな曲しか出さなくなっちゃったんです(ニワカなのでYouTubeにMVが上がっている曲だけでの判断ですが、一般に売りたい曲をMVとして出すはずなのでそういった意向があったのは事実)。

バンドあるあるの「あいつらメジャー行って変わっちまったな…」ってやつの代名詞だったんです。今で言うとミセスみたいな感じですかね。

KEATALKもインディーズ時代にはMURASAKIやMABOROSHI SUMMERなどの繊細で叙情的な曲も多かったんですが、その比率が大幅に変わってしまって、明るい曲しか出なくなってしまった…というわけです。

 

かくいう僕もその頃からほとんど聴いていなかったので、その間3年くらいですかね。そして久々に聴いてみたら凄くいい!

summer venusなんかかなり好きです。「オワオワーオ」っていうとことかかなりタイプです。

義勝も巨匠もめちゃめちゃライブ上手くなってますし、とにかく見に行くのが楽しみになってきました!

 

なぜまたハマったのかを自分なりに分析すると、この3年間ボカロにハマってたんですね。それまでは、「曲は歌詞が命!とにかく歌詞!」って感じのある種ステレオタイプな聴き方をしていたのですが、そこからボカロという良メロディー➕めちゃめちゃな歌詞という組み合わせの破壊力に気づくことができました。ブリキノダンスや最近だとツミキPがかなり好きでよく聴いています。

 

まとめると、曲の聴き方が、歌詞重視→メロディー重視に変わったってわけです。

そう目線を変えて聴くと、再びKEATALKの良メロディーに見事にハマってしまいました。というお話です。

 

目線を変えるってのは大事ですよね。考えが固まっているせいで受け取り方が狭くなってしまうのはもったいないです。大学生のうちに、自分の中での色々な評価軸みたいなものを作っていきたいですね。

 

それではまた明日お会いしましょう、さようなら👋

 

カメラを止めるな!見てきました(ネタバレなし感想)

皆さん、おはこんばんちはー!

そしてはじめまして、田舎大学生といいます。

 

今日は話題の映画である『カメラを止めるな!』を見に行ってきました(父上に車で30分かけて連れて行ってもらいました)。

あまり映画館で映画をみる方ではないのですが、僕が好きな人たちが挙って面白かった!というツイートをしていらしたので直感的に「これは見に行かないと!」と思って見に行った次第です。ちなみに好きな人たちというのはテレビPの藤井健太郎さんや動画投稿者のアシキさんなどなどです。

 

それでは本題に入って見た感想です。ネタバレはしない方向でいきます。それでもあらすじにある程度は書くかもしれないのでそこはご了承ください。この映画を絶賛している人なら誰もが言っている通り、絶対にネタバレなしで見なければ100%は楽しめないと思います。映画を見た後だと、予告やあらすじでさえも、「情報出しすぎじゃない?」と思ってしまうくらいです。見に行きたいなと思っている方は出来るだけ情報を統制した方がいいですね。

 

内容について

何を言ってもネタバレになってしまうのですが(この発言すらもネタバレかもしれない)、最初は頭空っぽで見てほしいですね。アイデアで勝負している映画なので、スレたファンの方が「先に予測できた展開だったので〜」と批判するパターンも散見されますね。

先にどんな映画なのか予想するのは1つの楽しみだとは思うんですが、カメラを止めるな!に関しては「当ててやる!」って思わないと当たらない展開だと思うんですよね。そんな喧嘩に行くみたいな感覚で見られた映画がかわいそうです。

もう一つ言うと、批判っていうのはネットの匿名性という特性上、発信の原動力になり得ると思うんですよね。勧めたいものはネットじゃなくてリアルで友達に勧めますし、その点リアルでの熱い批判活動は敵を無意識に増やす恐れがありますよね。そこで、自らの本心をさらけ出す場として、ネットに批判を書き込むのは理解できる行動だとは思います。

また、批判で「見たことある展開だ」系も見られます。それはかなりの映画ファンの方の意見であって、映画をあまり見ない僕のような層には当てはまらない批判だと思います。

カメラを止めるな!が評価された理由の一つに、こんなの見たことない!っていうのは確実にあると思うのですが、このような映画を見たことがあるとすれば、靡かないのは分かりますね。

例えば、僕が中学生のとき、セカオワがめちゃめちゃ流行りました。多分その理由って、中学生当時の僕らが感じたことのない新感覚だったと思うんですね。「死」について歌っていたり、「人の為と書いて偽りだと〜」という歌詞もあります。それが当時中学生だった僕たちのハートに直撃したわけです。いまでは、「人の為と書いて偽りなんて使い古された言葉遊びだなぁ」と腐してしまいますが、初めてそういったものに触れた時って心を動かされますよね。

大人を巻き込むブームってそういうものだと思うんです。つまり、大人になって色んなものを知って、なおも心を動かされるものです。それが感動なのか、笑いなのか、怒りなのか、恐怖なのかは人によるところですが、そういうものが評価されるんじゃないかと。大人になった自分が知らない世界を見せてくれる作品を評価するってことです。カメラを止めるな!はまさにそういう作品だと思っていて、多くの人は初めての感覚を味わえるから評価していて、その世界を知ってる人からは腐さされる。口コミで伸びた作品なんかでらよくあることですね。

 

気付けば全く違う話になってますね(笑)。まあいつものことなんですけど。上にも書きましたが、僕は普通、勧めたい作品はリアルでだけ勧めるんですが、この作品はもっと不特定多数の方に見ていただくべきものだと思い、ブログで書きました。皆さんも信頼する友達から勧められたら是非見に行ってみてください。きっと知らない世界を体験できると思います。

 

 それではまた明日お会いしましょう、さようなら👋

好きなマンガ家のお話!(石黒正数さん)

皆さん、おはこんばんちはー!

そしてはじめまして、田舎大学生といいます。

 

今回は前回に引き続き、僕が尊敬、敬愛、愛読している石黒正数さんの好きなところについて書いていきたいと思います。

 

好きなところ②「マンガ」の上手さ

これは読んでいる方なら皆さん思うことではないでしょうか。絵が上手い、ではなくマンガが上手いなんですよね(絵が上手いのは言うまでもないのですが)。石黒さんの絵は、思いっきりデフォルメされてるんですよね。うまく言葉にできないのですが、写実的じゃなくて、「マンガの絵」になってるんですよね。それでいてリアルに描くとき、ホラーっぽく描くとき、可愛く描くときなど使い分けも非常にうまく、表現の工夫を見ているだけでもめちゃめちゃ感心させられます。

前回、石黒さんは藤子Fさんに多大な影響を受けているとインタビューで語っていた、という話を書きました。実は藤子Fさんだけでなく、大友克洋さんにも大きな影響を受けているそうです。はじめに読んだのが藤子Fさんで、中学生では大友さんにハマっていた…という感じだったと思います。それを踏まえると、どうりでSFを絡めた話が上手いという事がよく分かりますよね。

 

好きなところ③伏線回収を軸としたストーリー展開の上手さ

この点についてはマンガ家というくくりでは1番だと思います。石黒さんは、構想段階から設定をかなり細かく決めているそうで、それを後半で披露するために前半部分では伏線を張るわけなのですが、張り方も回収もめちゃくちゃ上手なんですよね。それ町は16年続いた連載作品ですが、10年越しで回収した伏線もありました(笑)。

石黒さんの伏線は、それが伏線だとは思っていなかったような事が伏線になるので、読み応えがあります。また、基本1話完結のお話の中にストーリーラインを構築する設定や伏線を違和感なく入れ込む技術は本当に凄いの一言に尽きます。

ちょっと話は横道に逸れますが、最近のマンガ読者って設定と伏線がごっちゃになっている気がするんですよね。設定ははじめから決まっているもので、既にその存在を匂わせているものは設定だと思うんですね。例えば「私は四天王の1人…」みたいな感じで出てきたとすると、残りの三天王が物語に出てくるのは当然ですよね。これは伏線ではなく設定だと思っていて、これに騒ぐのは筋違いというか…。伏線は、それが伏線になっているとは一見分からないものであるべきだと思うのですが、まあこれは完全に個人の意見なので参考にはならないと思います(笑)。というかそもそも、僕の文章力不足からくる、思っていた感覚が全く伝わっていない現象が読者の方に起こっている気がします(笑)。

 

今日も思った以上に長くなってしまいましたが、大きく分けるとこの3点が大好きな点です。もし、面白そうだな、と思われる方がいらっしゃるのであれば、一度読んでみていただきたいです。

 

それではまた明日お会いしましょう、さようなら👋

好きなマンガ家の話(石黒正数さん)

皆さん、おはこんばんちはー!

そしてはじめまして、田舎大学生といいます。

 

出版不況と言われるこのご時世ですが、面白い!と思えるマンガが減ったかといえばそうではないと思っています。例えば、今年のマンガ大賞を受賞した『BEASTARS』なんかは、書店や秋田書店でもプッシュされているのが分かりますし、実際その猛プッシュに見合ったレベルの高いマンガですよね。小説ですが、『君の膵臓をたべたい』なんかも、担当編集の方が出版社全体を巻き込んでプロモーションをしていたそうですし、良い!と思ったものに全精力を注いで売っていくのが大事なのかもしれませんね。

 

と、かなり横道に逸れましたが今回は〔好きなマンガ家の話〕でしたね。僕は石黒正数さんが大好きなのです…。

石黒正数さんといえば代表作は『それでも町は廻っている』や『外天楼』がありますね。また、今年は新連載『天国大魔境』が始まりましたし、単行本も発売されたところです。それ町は1話完結の話が多く、短編集も数多く出されており、その多くが短編です。どれもひねりが効いており、非常に面白いです。

石黒正数さんについての概要はこの辺にしておいて、どこが好きなのかを書いていきたいと思います。

好きなところ①作風から溢れるエスプリ

すいません、エスプリ使いたかっただけです(笑)。エスプリは機知とかそういう意味ですね。様々なインタビューで藤子F先生の影響を語っているように、日常とSF要素の組み合わせであったり、1話の中にきれいにオチをつけたりというのがかなりうまく、毎回唸らされますね。それ町ファンの方には伝わると思うのですが、『べちこ焼き』回はマンガ史に残る1話完結のお話だと思っています。ちなみに、藤子F先生は、S(すこし)F(ふしぎな)と自らのマンガを称していますが、石黒正数さんはS(そこはかとなく)F(ふしぎな)とインタビューで語っていました。このような少しもじった言葉選びも好きな人にはたまりませんよね。『木曜日のフルット』では、言葉遊びがかなり見られて面白いです。毎回見開き2ページ分の量なのですが、その中でオチをつける技術も素晴らしいです。

 

気付いたらなんかめちゃめちゃ書いてしまいました(笑)。

好きなところ③くらいまで書きたいので、②以降は次回にさせていただこうと思います。

 

それではまた明日お会いしましょう、さようなら👋

モンバス2018で楽しみなバンド!

皆さん、おはこんばんちはー!

そしてはじめまして、田舎大学生といいます。

 

今日は酒を飲みながら書いておりますので、乱筆をお許しください(笑)

モンバス2018に2日間とも参加するので、そこで楽しみにしているバンドを3つ挙げてみます!

 

僕が今一番ハマっているバンドです。田舎大学生らしく、ライブに行ったことはなく、音源とYouTubeの公式ライブ映像だけで満足しているのですが、モンバス2日目の大トリで見られるということで楽しみにしております!

今年の初めに出た、MODE MOOD MODEというアルバムがとにかく素晴かった!それまでは正直、有名曲しか知らない程度のファンだったのですが、これを機にどハマりしました。定価以上の価値は間違いなくある作品でした。アルバムでは田淵さんのやりたい放題の曲が聴けるのが非常に楽しいですね。オーケストラを観に行こうや、silent libre mirageを特に聴いているんですが、今年行われたフェスにUNISONが出演した際のセトリをネットで見たところ、この二曲は演奏されていないようでしたのであまり期待はできませんね…

そして彼らはライブバンドとしても定評があるので、すでに楽しみすぎて何回もアルバムリピートしてイメトレしてます。それによって他のバンドの予習がおろそかになっているのは内緒ですが…(笑)

シンプルに好きです。が、最近の曲はあまり…という感じなんですよね。懐古厨になるつもりは毛頭ないのですが、familiarというメジャーデビュー1stアルバムが個人的にあまり出来が良くなかったように思ったので、しばらく聴いていなかったのですが、ペルソナ・プロムナードにハマってまた聴き始めました!

聴きたい曲は多いのですが、今年リリースしたペルソナ・プロムナードとフィクションは聴けるはずだと思っているので、期待しております。雨天決行が一番好きなのですが、フェス向きだとは思えないし、滅多に演奏しない曲だと思っているので、おそらく聴けないと思うと残念です…

ポルカは正直怖いもの見たさ半分てとこですね(笑)。というのも、何年か前のある方のライブレポートを拝見したときに、音源に比べて圧が足りず、満足できなかったというような感想が述べられていました。

その頃よりも進化はしていると思うのですが、どの程度あの音源を再現できるかは見ものですね(上から目線がすごい、笑)。

 

とまあ、かなり雑な上に半分ディスっている文章になってしまいましたが、上記のバンドが大好きなのは本当です。嫌いなバンドについてはまた機会があれば(笑)。

 

それではまた明日お会いしましょう、さようなら👋